「木育サークルvol.2箸おきを作ろう」開催しました。

2014/02/25

077

 

2月23日に、cafe E.denにて「木育サークルvol.2 箸おきを作ろう」を開催しました。今回も講師は「家具工房 旅する木」の須田修司さんです。和気あいあいと楽しい時間に1人4個の箸おきを作りました。参加された皆さん、手先が器用で驚きです。

日本人にとって、箸おきは毎日使う身近な食器。そういうものこそ、質の良いお気に入りで揃えると心が豊かになりますね。
vol.1では箸を作ったので、2回ご参加頂いた方は箸と箸おきのセットに。

箸おきは5層の木を重ねた、とっても綺麗な模様が出てくる仕掛けになっていました。
ウォールナット、ナラ、かりん、メープル、そして「神代木」という埋もれ木の5種類の木が一つの箸おきに入っています。

「神代木」は100年以上沼に埋もれて、泥が入り込んだ深緑色の木です。長きにわたって腐らずに残っていた木なので、とっても縁起の良いものだそうです。貴重な木なのでお値段も驚くほどお高く今回使わせていただいて須田さん本当に有難うございました!!

皆さん、夢中になって4個の箸おきを完成させました。今回は自分で電動のこを使ってデザインしたので愛着も深いと思います。当別産有機栽培のアマニ油を塗ったら完成です。
きっとこれから一生使えるお気に入りになってくれると思います。