「鶏とごぼうのおこわ」作りました

2016/11/12

008016usagi

おはようございます。
 
cafe E.den 古畑 葉子です。

久しぶりに、おこわを作りました。
 
おこわを作る時は、もち米の香りのする蒸気で、幼い頃に実家でついていたお餅を思い出します。
父と母が掛け声を合わせて、ペッタンペッタンと杵と臼でお餅を作っていた記憶が蘇ってくるから不思議です。
つき立てのお餅は美味しかった。
途中から「もちつき機」に変わって随分おもち作りも楽になったと両親がよく言っていました。
今では杵と臼でおもちを作る家庭は少なくなりましたね。
 
 
今回は「鶏とごぼうの中華風おこわ」です。
 
干し椎茸と干し海老で出汁をとってもち米に染み込ませました。
大きな釜で蒸すおこわは、もちもちです。
今回は、鶏肉を混ぜ込まずに乗せてお出しすることにしました。
ごぼうは生姜のみじん切りをたっぷり混ぜて味付けしています。
サラダも白ゴマで作った中華ドレッシングで。
 
 
次回は北海道では標準(笑)の甘納豆のお赤飯を作りたいと思っています。
小豆のお赤飯からみたら、スイーツ感覚ですね。
「鶏とごぼうの中華風おこわ」は数に限りがありますのでどうぞご了承ください。
 
「ココットプリン」
ミニスイーツでお出ししています。
まなちゃんが作るプリンは優しい甘さのどこか懐かしい味わい。
あまりに美味しいので、今度は型抜きプリンを明日作ってもらうことに。
食後のデザートに、またはお好きなドリンクとぜひお試しください。
 
昨日は「カフェ自休自足」さんのカフェ開業塾に参加してきました。 
 
11月29日に開業される【うさカフェ しあわせうさぎ】の山本さんのお話です。
「カフェ自休自足」代表 南 ゆきさんが主催する 開業塾で学んだことを発表していただきました。
ごく最近まで安定した公務員のお仕事を辞めてカフェ開業という路を選ばれた理由や「六軒村エンロケン」での週末カフェでの経験などを聞かせていただいて、エデンの開業直前の気持ちを思い出しました。
今が一番緊張する時期かもしれませんが、南さんの強力な支えと、山本さんの前向きな姿勢と、素晴らしい仲間たちの協力で力強く開業初日を迎えることと思います。
うさぎ好きの方にぜひお薦めの「うさカフェ しあわせうさぎ」
フードもとても美味しいのでぜひ足を運んで下さい。
 
【うさカフェ しあわせうさぎ】
11/29 オープン
http://ameblo.jp/erisiawase/entry-12218622657.html

穏やかな空が広がる札幌。
どうぞ羽を休めに来て下さい。
お待ちしています。
 
cafe E.den
【Address】 札幌市中央区円山西町7丁目2-37(ファミリーマートさんの隣)
【Open】  11:30~18:00 火・水 定休(変動あり)
【Tel】    011-590-1860
【予約】  お電話での予約承ります
  
『E.den×mana』エデンマナ (エデンと瀬野 真奈美のコラボ 多肉の寄せ植え手作りプランターとエアープランツのオブジェ、チョークアートなど)
 お問い合わせ
【Tel】    011-590-1860
【address】  youko-@mub.biglobe.ne.jp